This Category : 病気

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感染

2009.07.07 *Tue
感染力大の 夏風邪が
娘のクラスに蔓延し
はるばる 我が家にも舞い降りました

退院したばかりの抵抗力落ちまくりの息子に
すぐさまうつり
そんな息子をかいがいしく看病していた
看病疲れのお母さんに
もののみごとにうつりまして

家族3人は奈落の底へ・・・・・・・

退院したのはいいけれど
この週末は三人でただ寝ているだけ・・・・・

土日も忙しい夫は
日曜遅くに帰ってきて
少し復活していた子どもたちに
うどんを作ってくれました


おいしい おいしい と沸き立つ子どもたち
もう二日三日まともに食べていなかったので
心のこもったうどん
ありがたかったのでしょう
戦後間もない頃の子どもたちみたいでした
わたしは寝室からその様子をただ
うんうんうなりながら察していただけですが
伝わっていました



やっとだいぶわたしも復活して
家事開始
わたしは自分でうどんを自分のために作りました
はぁわびしい

わたし倒れたい、と思っていたけど
倒れても 恩恵はなかった・・・・・・・・・


おつかれさま!わたし!
ナイスファイト!
スポンサーサイト
CATEGORY : 病気

贅沢

2009.06.01 *Mon
土曜の夜 恒例の食事会が外食で
なおかつ 回転寿司 ということなので
わたしだけ 遠慮させて頂いた

まず 外食がむり
かつ お寿司がむり(病気以来においがだめ)
さらに 「回転」がむり(具合悪い)


子どもと夫がいない 夕飯・・・
優雅で静かで わがままな時間
ああ贅沢


自分が見たいテレビをずーっと見て
自分が食べたい食事を自分が食べたい順番に食べて
立ったり座ったりせず ずーっと座って
本を読んだり 考えたり・・・
気ままに時間をおくることのできる 贅沢さ


ひさびさに オーラの泉をみて考えた
すきな 「斉藤孝」さんが出ていてうれしくて
落ち着いてテレビを見た

頭が痛くて重く ちょちょっと動きすぎるとクラッとくる
鼻も耳も敏感になり 目をつぶっているのが楽だ
でもだいぶん復調で
だいぶん取り戻してきた元気


夫も義母もだれも信じてないみたいだけど
ひどいめまい 忘れない
あれがいつかまたくるなんて・・・こわい・・・
CATEGORY : 病気

父親

2008.04.07 *Mon
父が退院して自宅療養になった
一日中 家の中で暮らすと
病院では元気になった、と思っていたのに
どうも家では調子が悪い、 と言う
娘と息子を連れて お昼ご飯を一緒に食べる
「この子を見てると元気になるなぁ」
と 息子をあやしながら父は言った


そう!
そう!


赤ちゃんは偉大なパワーを持っています
娘も息子もおじいちゃん孝行


ゆっくり元気になりましょう
CATEGORY : 病気

口内炎

2007.12.05 *Wed
朝起きると口の中があちこち痛い
いきなり口内炎が4つも!
しかも 下唇にヘルペス発生!

完全に 育児疲れ !!!!!


最近旦那さんの仕事でいろいろあって
旦那さんに心理的に頼れない日々だったからだ
励ますメールをちょこちょこと
娘の目を盗みながら旦那さんに送り
息子におっぱいをあげ
外で走り回る娘を追いかけて


はーーーーーーーー疲れてるーー
ゆっくりしたいよー
CATEGORY : 病気

通院

2007.08.03 *Fri
娘の通院は最低週一
小児科、耳鼻科、リハビリ科 それぞれに行くため
ときどき週二のときもある
今週は週二です
その上、わたしのおなかの検診も妊娠後期に入り
2週間にいっぺん行くので、
なんだか通院ざんまいです
最初、通院の度にこわがっていた娘もすっかり慣れて
今日なんか、先生に名前呼ばれて笑顔で走って診察室に・・・
顔の麻痺をみるため、写真をとろうとすると
前はそれだけでも大泣きだったのに
今日なんか、ピースまで・・・
先生のリクエスト「イーってして」「目をつぶって」とかにも
的確に応じて、褒められていた
子どもの適応能力はすごい


入院していた病棟に、診断書をもらいに上がったら
入院中仲良くなったママに偶然会った
「わたし、また舞い戻ってきちゃった~」と言ってた
でも、また会えてうれしい なんて言われた
わたしもすごくうれしかった
ほんの2,3日同じ部屋で過ごしただけなのに
前もたまたま一回会ったし、今日もほんとにたまたま会えて
なんだかすごく奇跡を感じた
また会いたいなと思っていたら、ほんとに会えるものだ
神様ってやっぱりいるんだと思うなぁ
CATEGORY : 病気

退院

2007.07.24 *Tue
娘が入院していたとき
隣のベッドにいた2歳半の男の子が
今週末に退院できるというメールが昨日届いた
男の子はもう半年以上入院している
ママの気苦労、体の疲れ、等を考えたら
一日も早く退院してほしかった
だからとてもとてもとてもうれしくて
メールを見て泣いてしまった


自分たちよりもあとにきたのに、先に退院していく
子どもとママをたくさん見送ってきた親子
自分たちの先が見えなくても
「退院、おめでとう」って笑顔で言ってくれた
どれほどの親子にその言葉をかけてきたのだろう
いろいろな思いをかかえて


その数だけおめでとうが言いたいな
本当におめでとう
娘は昨日誕生日でたくさんのおめでとうを言ってもらったけど
その親子におめでとうを言えたことが
娘とわたしにとって大きなプレゼント


退院おめでとう
CATEGORY : 病気

麻痺

2007.07.05 *Thu
退院まで2週間 
短く終わってよかったけど 退院後も心配はつきない
なぜかと言えば、全快で戻ってきたわけではないから
入院生活はたしかに不便なこともあったけれど
お医者さんや看護士さんが常にそばにいる、という
安心感があったし
夜突然発熱したり、発汗したり、ちょっと元気がなかったりしても
いつでも相談できるメリットがあった
わたしは今もうひとり
朝から娘の目が少し充血していたり
耳を触っていたり 体が少し熱かったり そういうことを
ひとつひとつ自分の中で不安に抱え込まなくてはいけないので
それが自分としては、心配です


娘は気がつかない内に重度の中耳炎にかかっていた
鼓膜の奥の骨の中にまで膿がたまっていたらしく
炎症もひどかったらしい
その炎症が顔面の神経を破壊して
娘の右側の顔は麻痺して 今でも動かない
入院中、耳の炎症を抑えるためずっと点滴をしていて
炎症はおさまったけど、麻痺は治まらないまま
長くて半年はかかり、1割の患者には麻痺が残るそう


どうしてこんなにひどくなるまで中耳炎に気がつかなかったか
普通そこまでひどくなると、高熱が何日も続いたり
明らかにおかしい状態で発覚するらしい
娘はなんなのか、発熱はあっても、そんなに何日もは続かなかったし、小児科にかかって耳も診てもらっていた
結局大学病院でした最初の血液検査でも
CTで撮影して診てみた炎症と検査で出た炎症の数値が
全く合わなかったらしい
血液検査では軽い炎症、くらいにしか数値は上がっておらず
お医者さんも本当に不思議、と何度も言っていた
そういうことが重なって、中耳炎がひどくなるとこまでひどくなり
顔面が麻痺することでやっと表沙汰になったのだった



娘の麻痺を治すため これから月に何度も
大学病院に通うことになります
小児科、耳鼻科、リハビリ科に通院します
まだまだつらいことも多いだろうから、息は抜けないけど
完治を信じて 日々を楽しく暮らすのみです

CATEGORY : 病気

退院

2007.07.04 *Wed
いきなり昼過ぎに先生が話したいと言うので
話にいったら、いきなり今日退院と言われた
え???!!!
心の準備も荷物の整理もなにもかも全く手配してないんですが…
突然野放しにされても、母子は路頭に迷いますから!
ママ 帰宅用の服も靴下もありませんから!
パパの車もそんな突然迎えに来れませんから!
入院費の支払い 突然行けませんから!
荷物 たまりにたまって激多ですから!

そんな 勝手なぁ…

でも母はがんばりました
なにもかも娘を抱っこしたりなだめたりしながら
てきぱき片付けました
一番がんばってきたのは娘だから
その姿を見続けて来たママがへたれてり場合やないのです

ママ 靴下なしのスニーカーで
ハーパンでポロシャツで
かなりスポーティに退院してきましたから!

退院 おめでとう
おつかれさまでした
CATEGORY : 病気

検査

2007.07.02 *Mon
朝一番の検査の結果で
娘はあともう一息というとこまできました
今週中には退院できるかもしれません
寝付きはいいけど眠りの浅い娘は
別の子が泣いてる声や
点滴を見に来た看護士の足音や
添い寝しているママがおきあがっただけで
目を覚ますビクビク人間です
痛い検査や処置をたくさん乗り越えてきました
見知らぬ環境にがんばって適応してきてくれました
娘だけでなく、病院にいる子どもたちはみんなえらい!
みんな早く元気になりますように
CATEGORY : 病気

文月

2007.07.01 *Sun
6月半ばに入院し 気がついたら7月に入ってしまった!
まさかこんなに長く入院するとはおもわなかったので
ブログにはこうして入院のことを書いて来たけど
わざわざ心配かけるのもね と思って
当初義母にしか連絡しなかった

でも不思議なことに 頼りにしている知り合いや友人が
なんとはなしに 何か月ぶりかにメールをくれる
元気ですかー?会いませんかー?と…
これが 虫の知らせというやつなのかな
偶然なのかなー
いや、ほんとに世の中は不思議
うまくまわってるものだ

それとは別に
ブログを見てメールをくれたり 連絡してくれたり
わざわざお見舞いにきてくれたりする方もいて
一日中一人で娘にぴったり付き添って
お医者さんの話を一生懸命聞いて
病院内の人間関係に翻弄されて
心細さや不安に気がつかないようにしてるけど
一応ストレスたまってるようなそんなわたしにとって
たくさんの温情が染み入ります
娘はいまだ右の顔面神経が麻痺したままですが
このまま退院すると思います
変わらず かわいがってもらえればありがたいです
CATEGORY : 病気
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31



プロフィール

ミホ(32)

Author:ミホ(32)
family:夫(32)
     娘(6y)
     息子(4y)
       妹(1y/3m)
  
 毎日、あれこれしながら
 夫の帰宅を待ちます

 子どももあっというまに
 3人になりました

 当たり前にやってくる明日と
 恵まれた3つの命に
 心から感謝をこめて過ごす毎日です 
 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



Thank you for your visit!



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



子育てオススメグッズ



Copyright © hotmama All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。