This Archive : 2006年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子

2006.10.31 *Tue
今日公園では2組の親子と遊べました
1組は、前もあったことのある2歳半の女の子とママ
もう1組は、はじめて会う 4歳の男の子とママ
娘は2歳半の女の子とたくさん遊びました
楽しそうだった よかった
娘が遊んでもらってる間、わたしは何をしていたかというと
4歳の男の子のママの、愚痴を聞いていました
昨今ブームである「なんちゃって少子化対策」に
たいへん頭に来ていらっしゃる模様でした
幼稚園の待遇にむかつき、役所の対応にむかつき、
お金ばかりかかる育児に腹が立ち、
働き口のないこの世の中に、激高していました
わたし、それ聞いていました
すごく、いっぱいいっぱいな顔してたように思いました


そろそろ帰ろうか、と思って、娘を自転車に乗せて
みなさんにご挨拶をすると、遠くでブランコに乗って
ケイタイを扱っていた、そのママが、
さっきとはうってかわった笑顔で、手を振ってくれました
あ、すっきりしたんだね、と思いました
世の中の役に少し立ったかな、と思いました

小さい子とふたりきりの毎日は、たまるもんね
お外に出て、ぶちまけてみませんか
わたしでよければ、何でも聞きます
スポンサーサイト
CATEGORY : 子育て

〓 公園

2006.10.30 *Mon
20061030212215
近くにあるいろんな公園にでかけます
そこ、そこ、で娘は楽しみを見つけて遊んでます
子どもってたくましいなー

それにしても どこの公園に行っても 子どもはいません
少子化だから?
みんな一体どこで遊んでるのかな
屋内?室内?
子どもって、やたら外に出たがりませんか?
んー… 子どもがいない…
CATEGORY : むすめ

自転車

2006.10.29 *Sun
ショッピングモールの中のトイザらスで、
自転車にとりつける、子どもの前のり椅子を買いました
帰ってきて、取り付けました ぴったり!
ふんぱつして、あんぱんまんのぷっぷーってなるフォーンも
買ってあげて、ハンドルにつけてあげました
そして、娘を乗せて、はじめてペダルをこぎました
娘はめちゃめちゃ喜んで、アンパンマンをぷっぷー鳴らして
「もちね、もちね」と言いました
気持ちいいね、っていう意味です
いま、巷で流行している、子ども乗せ自転車
前カゴが子どもを乗せるいすになっているもの
あれ、すごく高いんで、相当迷ったけど、やめました
我が家は元祖ママチャリ、後付子ども乗せ椅子でがんばります
あとは、事故に遭わないように、娘を乗せたまま
自転車を倒さないように、気をつけるのみだ
どこまでいこうかなぁ
img11568434.jpg

週末

2006.10.29 *Sun
家族の週末を過ごしてみる
旦那さんは仕事が土日どちらとも、半日は仕事があったけれども
昼からいっそいで帰ってきた
娘に会いたいのです
癒されたいのです
仕事で痛めたハートを、1歳3ヶ月によしよししてもらいたい
のですよ
土曜日は、商店街をぶらりと3人で歩き、夜はおじさんの家
日曜日は、ショッピングモールへ行き、夜は自転車で買い物
夕方になってなんだか元気がないので
具合でも悪いのか、と思って心配して尋ねると
「明日からまた仕事だから・・・つらい・・・」と言う
これは大変めずらしいのです
あまり弱音とか、愚痴とか、現実から逃げるとか嫌がるとか
しないひとだったから
よっぽど今仕事がつらいんだなーと思います
かわいそうだなーと思います
「ミホはいつも娘とふたりでいいな、うらやましい」と
最近よく言うからね、イヤミかと思っていたけれど
ほんとに、ひきこもりたい、みたいです
先々週から、わたしは旦那さんをよいしょ!してます
今週も続きそうです
CATEGORY : 旦那さん

明朗

2006.10.27 *Fri
1歳3ヶ月を越えた娘 
その性格を一言で言えば、「明朗」
明るくて朗らか

今日はバスに乗って区役所へ
行きのバスはうんと混んでいたけど、じっとひざにすわって
お隣に座った3歳くらいの女の子ににこりと笑いかける娘
帰りのバスでは、車内の前方の前にある
運転手さんがお客さんを確認する鏡に、自分が映っているのを
見つけて、「おーい」とばいばいしつづける娘
明るいなぁ

どこにいっても、にこにこと、手を振りながら
楽しいことを見つけて、楽しそうに一人で走っていく
力を入れたら、ぷぅっとおならがでて
「あ!」と手を口に当てて、てへっと笑う
わたしがドジをして、モノを落としたり、ぶつかったりしたら
「あは!」って笑ってくれる
なにかをできたら「でった!」と自分で拍手をする
急に泣きべそかいて、抱っこしてあげたら、ぎゅーって
抱きついてきて、涙をぽろっとこぼす
歌ってあげると、一緒に歌おうとして きゃはって笑う


明るくて朗らかなそのままで
いつまでも花が咲くように、笑っていてほしい
CATEGORY : むすめ

顔色

2006.10.26 *Thu
ひさしぶりに例の甥っ子にあった
甥っ子、顔つき、こわばっています、の巻
妹が生まれて3ヶ月強 現実を受け入れることに必死の模様
あんなに笑う子だったのに、全然笑わない
ママに抱っこされたとき、ぽつりといった一言
「うれしい・・・」
よかった、まだ心の声が外に出るね 少し安心


娘の卒乳を考えていたけれど、まだしないことにした
娘はたぶん、疲れたり、いろいろ心に負荷がかかったときに
おっぱいを飲みたい、と思っているようだから
甘えたい、というとなんか「もう1歳なのに」みたいになるけど
不安で、自分でどう立ち回っていいかわからないみたいな、
なんとも得体の知れない心理状況の時 おっぱいで安心、
にっこり、みたいになるんだと思うと
まだまだ無理して離さなくてもいいかな、と思ってる

子どもは心が顔にでていると思う
大人よりもうんと素直に
甥っ子も娘もいつもにこにこであればいい
そのために、わたしも努力したい
CATEGORY : 未分類

名前

2006.10.25 *Wed
仕事が大変なときとか、いろいろつらいとき
旦那さんは意識的に 夢見る夢男くん になるようにしている
現実逃避、といえばそれまでだけれど、
将来こんなふうになりたいなーとか
こんなもの買いたいなーとか
こういうふうに生活したいなーとか言い出す
これ、けっこういいんだよね~とわたしも思う
昔は「しっかり現実と向き合って、解決しないと!」と真剣に
自分を問いつめて、追いつめて、首締めてた
デモね、世の中には、白黒はっきりつかないこととか
解決しようにもできないこととか
どんなに努力しても好転しないこととか あるんだよね
そう、ちょっとほうっておいたほうがいいこと
時間が解決してくれる、っていう意味が最近わかるようになった
それは旦那さんのおかげかな


最近の旦那さんの夢見る夢男の話題は
「二人目の子どもの名前」です
娘がかわいくて、まったくその気がなかった旦那さんが
突然「二人目の子の名前、考えた」と言って
そのまま寝ていました
そうかーやっぱり今いっぱいいっぱいなんやねーと
心の中で思いました
それにしても、旦那さんの名付けのセンスはあまりよくない
わたしもその日からいろいろ考えています
予兆もなく、まったくその気もないし、予定などないので
無責任に考えられて、楽しいです
なかなか寝付けないときの暇つぶしにもなります
CATEGORY : 旦那さん

裏方

2006.10.24 *Tue
旦那さんのいとこや、友達、同僚など
結婚式の予定が舞い込むこの季節
続くは続くは・・・そりゃもうお年頃ですからねぇ
わたしと旦那さんは少し早く結婚したから
これからどんどん仲間たちをお祝いする方になるのだろう
そういうわたしたちも結婚してもうすぐ丸2年
結婚してすぐ子どもができたので、すぐ所帯じみて
ものすごく結婚式のことが遠いことのように思われる
あー 結婚式、もう二度としたくない
超疲れる みんな花嫁をずっと見ている めちゃ大変
準備とか計画とかはすっごく楽しかったんだけど
ライト浴びたり、視線浴びたり、めっちゃ辛かった
わたし裏方派、なのです 黒子風の生き方がすきみたい
もう絶対、こんな主役な一日は勘弁してほしいという
超後ろ向きなイメージしか残ってないよ
結婚式・・・・・呼ばれる方が絶対いいな
この秋冬、わくわく、楽しみ!
CATEGORY : 未分類

応援

2006.10.23 *Mon
最近、旦那さんの仕事がうまくいっていないらしい
先週の金曜日、同僚の人何人かが、旦那さんを励まそうと
ご飯を食べに連れて行ってくれたくらいだから
相当、なにか大変なんだろうと思う
当の本人はそこまで落ち込んだりとか、追い込まれたりとか
全くしてないように見えるけれど
わたしの前だから、そう見えないようにしているのかもしれない
男はツライよってヤツだね
旦那さんを支えてあげないと、と思いながら
何をしていいのかわからない
話を聞いていても、ちゃんと相づちをうてているか
ちゃんと話をのみこんで、上手く返せているか、わからない
何を置いても、旦那さんにはいつも元気でいてほしいので
応援あるのみだ
CATEGORY : 旦那さん

研讃

2006.10.21 *Sat
そこで、
「たまにはミホも外に行かせてやるか」と
旦那さんのおかげですっぽく することはかなり重要!だと思う
「あなたが飲み会ばっかりだから、わたしだってたまには自由になりたいよ!」風に怒って
「じゃあ行きゃいいやろ!」みたいにけんかして出ていくのはNGだと思う
後味悪いし、思ったよりも伝わらないのが目に見えている
子どもも、自分が厄介なのかな、みたいに感じるとかわいそうだし…

ありがとう、あなたのおかげで楽しめました!また明日から子育てがんばる!
と笑顔で言われた方が 旦那さんもうれしいにちがいない
そして、男性の旦那さんとしてのプライドをくすぐるよ

いかに円満にやっていくかだね 夫婦はいつも合わせ鏡
そろそろ結婚二周年
日々研讃を積むよ!
CATEGORY : 旦那さん

義実家

2006.10.21 *Sat
今日は恒例の義実家での食事会
義祖母も参加
娘と旦那さん出席でわたしだけ不参加

理由は、わたしがいないほうが楽しかろうと思ったのが一番
息子と孫とぞんぶんにたのしんでもらおうということで…
わたしだけ不参加ははじめてだけど
これから少しずつ増やしていくつもりです

もう一つの理由
最近旦那さんの飲み会が増えて 週末の夜はほとんど娘とふたりきり
どんなにさびしいか 味わってほしいので、
ほんとは家に娘と二人キリにさせたいのだけど
それはあまりにも奥さんとして母として無責任だから
夕飯と娘の相手がたくさんある義実家へ行かせよう、というのもあります
ちょっと不良なわたしは、大切な幼なじみとひさしぶりに会うよ
みんなが幸せならありかなーと思う
娘がさびしい思いをして泣かなければ、
ミッションは成功だ!
CATEGORY : むすめ

公園

2006.10.21 *Sat
朝から公園に行きました
仲の良いおともだちがパパと一緒に公園に行ったと
そのママに教えてもらったので行きました
2人で仲良く遊んでいました
娘はその中で、すべりだいに一人で登り、一人で滑る
という一連の動きを体得しました
お友達は2歳の男の子、ともちゃんです
ともちゃんは、わたしのことも、娘の名前で呼びます
かわいい男の子です


遊んでいたら、小学生の男の子2人
3歳と1歳半の姉妹とそのママ
1歳半くらいの男の子とそのママ
など、つぎつぎに公園に訪れました
小学生の男の子の相手をし、3歳の子の相手をし、
ともちゃんの相手をし、
そして最後に自分の娘の相手をしていました
子どもが寄ってきます
そしていつのまにか、親たちは「まかせた!」という具合で
遠くで座っていたりします
で、わたしはめちゃくちゃ疲れました
娘より絶対にわたしの方が疲れたはず・・・


でもそうして目を離している隙に、娘はすべりだいを
勝手にすべれるようになっていたから、よしとするか!
CATEGORY : 未分類

言葉

2006.10.20 *Fri
娘は
バイバイ といいながら手をふるようになり
落ちた といいながら ものを落として遊ぶようになり
つぎつぎに単語だらけ
楽しいな
CATEGORY : むすめ

昼寝

2006.10.19 *Thu
お昼ご飯食べて、銀行に電話しなくてはいけなくて
娘を抱っこして電話していたら、娘はそのまま抱っこでおひるね
最近添い乳といって、寝た体勢のままおっぱいあげて
そのうち寝てしまう、という寝かしつけばかりだったので
抱っこで寝かしつけ、が妙に久しぶりで懐かしかった
胸の中で安心して睡魔に負けていく娘
愛おしくて、愛おしくて、ぎゅっと力がはいる
もちろん誰かに預けていてもかわいがってもらえるだろうけど
こんなに無二の愛情で抱いてあげられる、幸せに感謝
安心して育児に没頭させてくれる旦那さんに感謝
安心して娘を抱っこさせてくれるこの世の中に感謝
あらためて思う
CATEGORY : むすめ

友達

2006.10.17 *Tue
娘はだいぶ元気になりました
あまりひどい風邪ではなく、熱もそれほどでもなく
なんか拍子抜け…

夕方ほとんど復活したから、外に出してあげたら
まさに犬みたいに、きゃんきゃん跳ねて飛び出していきました
そこへたまたま同じマンションにすむ友達
二歳の男の子 トモちゃんと遭遇
トモちゃんも週末熱があったらしい
二人できゃんきゃん言って 遊んでました

トモちゃんも元気になってよかった
CATEGORY : むすめ

女性

2006.10.16 *Mon
最近のもっぱらの悩みは、
「母親となった今、「女」の部分をどう取り戻すか」
ということです
ほんとに必死になって育児をやってきたこの1年ちょっと
はた、と気がつけば、女性としての恥じらいとか遠慮とか
そういう はんなり、な感じを忘れている(もともとないのか)
ちょっとおしゃれしよう、とか
ちょっときれいでいたい、とか
ちょっとときめいちゃおう、とか
そういう ウキウキキャピキャピな要素が自分に全くない
とにもかくにも、娘のため、旦那さんのため、家族のため
自分のため、というのは、あきらかにランク外
それが1年ちょっと
これはかなりのブランクであります


旦那さんはたまに「だってミホはお母さんなんやもん」と
ちょっとすねたように言います
「そうだよ、お母さんだもん」と思っているけれど
内心では、あ、これはよくない流れだな、と気がついているよ
「3年目の浮気ぐらい大目に見ろよ」って
そろそろ旦那さんが歌い出すかもね・・・
さぁ、そろそろ、本腰入れて、女性取り戻しに行かないと!


それにしても、お母さん精一杯がんばって
奥さん業もそこそこがんばって
さらに、女を取り戻して・・・・なんてほんと大変だね
しかも、それを浮気の理由にされたら、ほんとたまらん
はーーー ほんっとに大変だ!
CATEGORY : 未分類

風邪

2006.10.16 *Mon
20061016070834
今秋 一番に風邪をひいたのは 娘
昨日朝から妙に元気なしだったもんなぁ
かわいそうに 夜中はずっとぐずって泣いていた
畳までころがっていって そこで眠っていた
熱があるからひんやりして気持ちがよかったのかな
娘の発熱はこれで4回目です
看病がんばろうっと
夜までに熱が下がりますように
CATEGORY : むすめ

紹介

2006.10.15 *Sun
道ばたで人に会うと、必ず手を振る娘
最近では、わたしを指さして「ママ!」と言う
通行人に自分の母親を紹介しているようです
みなさん「あら、あなたのママなのね」と言ったりして
くすくす、っと笑って、通り過ぎて行かれる
わたしちょっとはずかしい
そんな、紹介されても・・・ねぇ・・・
とりあえず、娘にとって、紹介したいママでいられたことに感謝
どうもです


娘はいつもにこにこって笑っています
誰にでもにこにこって笑いかけて、ばいばいとします
「あらー、愛嬌がいいねぇ」と言われます
男は度胸、女は愛嬌、と言う言葉がありますが
生まれ持って、あなたは女なんだね、って思います
CATEGORY : むすめ

携帯

2006.10.13 *Fri
20061013130713
橋の中央でたじろぐ娘
CATEGORY : 未分類

乱暴

2006.10.13 *Fri
甥っ子があれている・・・・・


6月に妹が生まれた2歳7ヶ月の甥っ子は
昨日会いに行ったら、荒れていました
娘にタックルしたり、押し倒したり、ぶつかったり
とにかく娘に乱暴していました
娘はあまり泣かないで、逃げまどっていました
義姉は悩んでいました
わたしもいっしょにその乱暴を悩みました


で、よく観察していたら、多分わかりました
甥っ子は、わたしの娘に乱暴したら、義姉に叱られます
本気で、おしりを叩かれたり、投げられたりします
この「本気で」というところが大事で
甥っ子は、娘をなぎ倒しながら、横目で義姉を見ています
「本気でこい!」というように・・・・


そう、甥っ子は、たぶん、
娘に乱暴をする=ママが「本気で」相手にしてくれる
という方程式を習熟しており、
たとえそれが「叱られる」というスタンスだったとしても
「本気で相手にしてもらえる」というほうをとっているのでしょう
叱られても、叩かれても、なんどもやるもんね
ママがだいすきなんでしょう
そういうことだよね


義姉はいま、自分の育児に自信をなくしかけています
「どうせ、○○○(←甥っ子の名)はママがきらいなんやろ!」
と捨てぜりふを吐いて、おしりぺんぺんしています
そんなことないんだよねー甥っ子
ママがだいすきだから、やってるんだよね
だから義姉、大丈夫だよって励ましています
子育て、むずかしい
いっしょに成長、むずかしい
CATEGORY : 未分類

愛情

2006.10.13 *Fri
子どもは親の愛情をどのくらい受け止めてくれているのか
そしてどういうことで愛情を確かめているのか
子ども時代のことを、かなり遠い記憶の果ての果てから呼び起こしよく考えている
そういえば、母親がきりきりしているのとか、不安なのとか
よくわかっていたようなおぼえがある
子どもは親が思う以上によくわかっているんだと思う
自分をかわいいと思ってくれているのか、とか
自分のことをちゃんと見ていてくれているのか、
毎日のように試している、様な気がする


娘はときどきちらちら隣の部屋からわたしを見たり
わたしが一人で書き物をしていると泣きついてきたり
とにかく「わたしを見て!」みたいな人間です
転ぶとそれほど痛くないのに、大きな声で泣く
というか泣き真似をするようになったのもここ最近
歩くようになって、抱っこされる機会が減ったから
敢えて、抱っこされようと、泣く 騒ぐ いたずらをする
わたしはそれほどそういうことにストレスを感じない
子育てに向いてる風の性格なんだけれど
こういうのが「ストレス」と感じると、ほんとツライと思う
だって子どもってそういう生き物だからさ・・・
応援してあげたくなるよね 苦しそうなママとかさ
育児を放棄したいぎりぎりのママとかさ
うちに来てゆっくりしていってください!と言いたくなる
CATEGORY : 未分類

転落

2006.10.10 *Tue
娘が目をちょっと離した隙に階段から転落
2,3段上がったところから、一人で降りようとして失敗
顔にあざ
直径1センチ 赤黒い
ママに殴られたような虐待の痕っぽくて・・・痛々しい
ごめん
四六時中一緒にいて、ほんとにたった20秒くらい
目を離しただけで、事故
コンクリートで強打
号泣したけど、抱っこしたらすぐ泣きやんで平気
あざを触っても気がついていないから痛くないのかな
ママは凹みました
それを話したら、旦那さんがもっと凹んだから
改めて、はー大変なことをしてしまった・・・と凹んだ
子どもはかわいいもんね
傷一つつけたくない、おやごころー
蚊にさされただけで、その蚊が心から憎くなるくらいだもんね
おやごころは深いねー


しかしまぁ、親の心子知らず、というのはよく言ったモノで
夕方外で遊んだ帰り、またママの目を盗んで
マンションの階段にすたこらさっさとのぼっては、
3回までざっと50段はある階段を登り倒し、
しかも、短い足でそれまたぴょいぴょい降りようとし
あざのある顔に満面の笑みをたたえながら階段遊びに興じる娘
はー・・・・・懲りてほしい
少しは警戒とか、トラウマとか、ないのかね、君は
またママはちょっと目を離すのがこわくなったというのに!
君!おてんばすぎ!
CATEGORY : むすめ

口癖

2006.10.10 *Tue
わたしの口癖は「・・・ねぇ」らしい
そうやねぇ とか ごはん食べようねぇ とか
だいじょうぶかいなねぇ とか かな?
自分でもよくわからないが、最近娘がしきりにわたしに
「ねぇー」っと首をかしげながら、笑顔で言ってくる
だからたぶん、ねぇーっていっつもわたしが言っているのだろう

娘の口癖、というか、すきなフレーズは
「・・・てぇ」です
長澤まさみちゃんの NTT光フレッツのCMの
「もったいなーい、フレッツ光を知らないなんてぇー」
の「てぇ」のところがだいすきです
首をかしげて、というか、腰の辺りから横に曲げて
「てぇー」と超笑顔で言います 


最近言葉がさらにではじめました
「ねんね」「くっく(靴)」「わんわん」「ぶーぶー(車)」
とか色々いいます 
寝ぼけているときに、「おっぱい飲む?お茶飲む?」と聞くと
「・・・ぱい!」とちっちゃい声で言います
女の子は言葉が早いというけれど、本当ですね
歌も歌おうとしています
おもちゃのちゃちゃちゃ、のちゃちゃちゃだけ言います
なかなか笑えます
日々発見です 
CATEGORY : むすめ

運動会

2006.10.09 *Mon
今日は近くの幼稚園の運動会に参加してきました
おとなりの3歳のお子さんがその幼稚園に通っていて
その子とママに会えたらいいなーと思って行ってみました
プログラムをもらおうとテントの近くに行くと
「名前書きましたか?未修園児のダンスに参加しませんか?」
と誘われたので、出てみました
「おいでおいでおいでおいで ぱんだ!」としました
先生の説明の時、娘は一番前にとことこと走って行きそうになりました
あわてておいかけて、奥にひきこみました
こわい!
こわいよう!
やめてよう!
と心臓がどっきんどっきんなりました
ダンスの間、娘は訳がわかってないようで固まっていました
終わって風船をもらって、おみやげももらいました
紅白の「祝」まんじゅうももらいました
なにもしてないのに、あれこれもらっちゃって・・・
太っ腹だなぁと感心しました

で、娘はその風船をみて「あか!」といいました
帰り道「あか!」「あか!」と指さしていいました
そう、赤い風船なんですが
運動会に出たことより、赤が言えて、驚きました
なんだか疲れました
CATEGORY : 未分類

育児

2006.10.08 *Sun
先日の旦那さんとのいざこざ、の末いろいろなことを考えた
子育て、について
世の中では虐待、少子化、育児ノイローゼ、子どもが犠牲になる事件等
子ども、に関して暗い話題が多いように思う
なぜだろう わたしはいつも考える
なぜ、虐待してしまうのだろう 
なぜ、子どもはいらない、と思うのだろう
なぜ、育児がノイローゼのもとになるのだろう
なぜ、こんなに子どもが大切にされない世の中なのだろう
いつもいつも、この社会について考える
自分の生活や育児を通して、社会をかいま見ている


まわりには「もう子どもはひとりでいい」というママ友が多い 
理由を聞くと、
「こんなに育児が大変なんて思わなかったから もう無理」
わかるなぁ
わたしも、子育てがこんなに大変なんて知らなかった
今はいかに便利で、いかに効率的で、いかに利益をうむか否か、
みたいな世の中だもの
子育てほど、こういう価値観に反しきってるモノはないと思う
思うとおりいかない事ばかりだし、努力しても意味がなかったり
がんばっても報われないことなんてざらだしね・・・

また、この世の中、あまりにも経済的なことに価値観が置かれすぎ
意味があるかないか、益か不益か、
意味がない、益がない、ことはどんどん切られていく世の中
いかに効率的にシェイプするか、形をきれいにしていくか、
無駄なモノは、ばさばさ切り捨てられる世の中
こりゃ、子どもたち、生きづらい 
抵抗力も判断力も幼い子どもたちが、安心して生きていく世の中
とは毛頭言えないと思う


子どもを持って、たじろぐことばかりがたくさんある
それでも、子どもを大切に育てたい、と肩肘張って生きる
しかし、頼みの綱の父親は、職場からなかなか帰ってこられない
一日子どもの生活に振り回されて母親は、そういう生活が苦痛になる
そんな生活を強いる悪者、としか子どもが見えなくなる
この子さえいなければ、となる
子育てを楽しむ、なんていう、余裕などない
「こんな、お金にもならない、自分の時間もない生活なんて
 耐えられない」
と子どもは保育園に預けられる
保育園に預けたいから、子どもと少しでも離れていたいから
ママは働き口を見つけようと必死だ
そういうママの話をいくつも耳にしてきた
みんながんばりたいけど、がんばれない、もう身も心も限界
わかるなぁ
CATEGORY : 未分類

外出

2006.10.06 *Fri
娘と2人で地下鉄に乗って外出
地下鉄は所要時間25分
今日は残り2駅くらいで、落ち着かなくなったのでセーフ
じょうずにあやしたり、歌ったりして、乗り切った
街へ繰り出すのはひさしぶり 月に一度くらいだけど
気分転換にはもってこいです
娘はきょろきょろしながら、地下街をとおり、
従業員に愛想を振りまきながら、デパ地下をとおり、
皇室関係者みたいでした
おつかれさまでした
もっとあちこち見て回りたいけれど、3時間が限界
それにしても、娘はどんどん成長していく
おいつけない
CATEGORY : むすめ

後輩

2006.10.05 *Thu
高校時代の後輩が遊びに来てくれた
彼女は東京で働く、キャリアウーマン
実家にもどるたびにうちへ来てくれる 
ありがたいなー


仕事の話をうんと聞かせてくれるのだけど
頭が主婦なわたしは、すごく頭を使っていないと話がわからなくなる
頭のスイッチが全くオフ、のところ、錆び付いてる・・・
ちょっとしっかりしたい


今日は朝から、同じマンションのママに話しかけられた
最近は人と話をするのが楽しくなった
CATEGORY : 未分類

意見

2006.10.03 *Tue
言いたかったことを吐くと楽になる
旦那さんのことを信頼できるひとに2人吐いた
それで、この二日生きて行けた
吐いていると、メールでだけど、それだけで
あー予想以上に自分は辛かったんだなーとわかった
こんなにひきずること、ないもんね
しかも、ひとにグチることもあまりないもん
ちょっと参っちゃってたのね、と思った


でも参っちゃってるから愚痴はいておわりじゃだめだなーと
楽にはなっても解決にはならないからと思って
正直に旦那さんに意見した
意見というか、どうしてこんなに辛いかの具体的な解説と
今後こういうふうにしてほしい、という建設的な展望
こういうの、男の人はいやがるもんだけど
まぁそれなりに、聞いてもらって、満足
というか、言えて満足
気にしぃだから、なんか、言えないんだよね・・・
人に意見するってむずかしいよ


意見はだいたい次の2つに集約された
①わたしがいっぱいいっぱいになったら、「これやって」とか
 お願いすることがあると思うけど、そういうときに「ムカ」って
 しないでほしい
  →旦那さんは、ムカ、とかしたことないひとなのに
   どうしても「ムカッとするんじゃないか」とわたしは
   すごく気にしてしまって言えないのです

②わたしは「ひとりになりたい」と思うことないと自分で思っていた
 けど、本能的にどうもひとりになりたいときもあるようだから
 できれば娘とふたりで散歩に行く、とか、お風呂に入る、とかで
 わたしが自然にひとりになれる機会を作ってほしい
  →旦那さんは、いつも娘の相手を快くしてくれるのに
   どうしても「無理してやってるんじゃないか」とわたしは 
   ひとりで勝手に気をもんでしまうのです


わたしはすごく気にしぃなんだなーとつくづく思った一件だった
ひとりで考え込みすぎ、だな、と思った
だって、この2つをすごく勇気を振り絞って 言った結果
答えは、「うん、わかった!」だったもんね
CATEGORY : 夫婦

純情

2006.10.03 *Tue



少し前のことになるけど、NHKの朝ドラ「純情きらり」
が終わってしまった
最後ヒロインは死んでしまった
1日で、BSとデジタル放送をはしごして、3回見た
3回とも泣いた
死ぬってわかっていたけれど、泣いてしまった

主人公は女性として、したいことがあったけれど
結婚や家族や、そういう自分の周りのもののために
中断したり、断念したり、そうこうしながら
自分としての生き方を模索し続け
そのときそのときで、自分なりのベストの決断を下し
生きていく
ほとんどが自分のまわりの人のため、という感じだった
そして結局は結核で、自分の子を抱くこともなく亡くなる

主人公は最後
「人から見れば、あっけない、つまらない人生かもしれない
 でもね、お母さん(自分のこと)は十分輝いた
 お父さんと出会えて、あなた(子ども)と出会えて
 幸せだったんだよ」
みたいなセリフを残していた


女性は結婚、育児、など、いろいろな局面に置いて
ライフワークの比重が変わっていく
自分より、自分の周りの人の生き方に合わせながら
自分の生き方を、その都度その都度問い直し
ときにあきらめたり、ときに我慢したり、することが
どうしても女性の方に求められがち、そういう世の中だ

だけど、そうやって、自分よりも人のために生きていきながら
「普通に」人生を終える、そういう生き方に価値をおき、
負け惜しみでも何でもなく、はっきりと「それが自分の幸せだった」と、主人公が言い切った最終回に胸を熱くした
NHKアツイゼ!と思った


自己実現はどんな形であれ、自分がよしとすれば満点
自分の人生が普通であったから幸せじゃない、なんてことは
ないんだ


失望

2006.10.02 *Mon
ひさしぶりに夫婦間に亀裂・・・
日曜日、やっと1日家にいる、と宣言した旦那さん
前の日、職場の飲み会
帰宅、午前4時
当然日曜日は、一日眠たい旦那さん
結局、わたしがゆっくりする前に、
娘が昼寝をする前に、深い眠りに入る旦那さん
そして、わたしはいつものように、娘の相手をし、
娘を散歩に連れて行き、自分はゆっくりなどできません
いつもとかわらない日曜日

一体なんなんだ!!!!と怒ってみました



次の日に、ひさしぶりの家族でのお出かけが待っているというのに
午前様に、しかも4時に帰ってくる、その無神経さに失望だぜ!
ゆっくりできなかったから怒ったんじゃない!
その、

家族を大事にしてない姿勢に、失望だ!!!!!!!
CATEGORY : 夫婦

プロフィール

ミホ(32)

Author:ミホ(32)
family:夫(32)
     娘(6y)
     息子(4y)
       妹(1y/3m)
  
 毎日、あれこれしながら
 夫の帰宅を待ちます

 子どももあっというまに
 3人になりました

 当たり前にやってくる明日と
 恵まれた3つの命に
 心から感謝をこめて過ごす毎日です 
 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



Thank you for your visit!



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



子育てオススメグッズ



Copyright © hotmama All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。