This Archive : 2007年07月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲労

2007.07.30 *Mon
旅行の疲労がたまって 娘とまったり暮らしてます
娘は新幹線を生で味わえて感無量みたいでした
車中2時間半全く寝ないで満喫しすぎてました
ママは足がパンパンに腫れていました
腰もやられていました
妊娠8か月半の体には明らかにちょっとハードみたいでした
暑いし…
移動はなぜか基本 徒歩やし…
娘は暑くなると抱っこをせがむし…
極めつけは、なぜか義母と義妹がいるし…

今日娘は昼寝を4時間半もしてました
おつかれ
スポンサーサイト
CATEGORY : むすめ

旅行

2007.07.30 *Mon
土日で神戸へ旅行へ行った
旦那さんのお友達の結婚式があったので
一緒に行ったのだ
なぜか義母と義妹もついていきたいと言い出して
なぜかついてきた
ほんとくたびれた
娘は楽しそうにしていたからよかった
CATEGORY : 子育て

義母妹

2007.07.24 *Tue
誕生日当日、義母から旦那さんに突然電話があり
義妹が19:30に仕事が終わるから、義妹の仕事場まで車を出して
それからごはんをどこかに食べに行こうという
むちゃくちゃ勝手な提案が
誕生日当日に!
しかもその夕方に!
突然やってきた
「義妹がそうしたいって言ってたから~…」らしい
つくづく義妹中心の家である
2歳になったばかりの病み上がりの子どもをそんな夜まで連れ回すかいな
義妹の遠い職場まで車をだすのも、帰りに義実家まで送るのもわたしたちだし
一体だれのための会なんじゃい!と 全く頭にきたので
すっぱり断ってやった
間にはさまれた旦那さんは「ミホがいやって言ったって思われないように…」とかなんとか、気を使って断っていたけど
思われて結構!
ぜーんぜん平気!
全く意に介しませんから!
先日の入院中、まだ検査や処置や説明やでバタバタして
娘は一日泣き叫び、わたしはトイレにすら行けず
そんなてんてこまいな入院わずか二日目に
突然「おいしいケーキ持って行くから~」とメールしてきて
今はまだそんなだんやないから、もう少し落ち着いてから とわたしも旦那さんも断ったのに
「仕事今日しか休みないし~」とかいって 無理矢理おしかけてきた義母と義妹
娘のことをかわいがってはくれるけど、
自分の都合がまずはじめにありき な母娘
残念ですがそれでは子育てはできないんですよ
自分の都合のいいときだけ、都合のいいように対応してくれる子どもなんていないんですよ
二人の子を育てたお義母さん、ちがいますか
CATEGORY : 義実家

退院

2007.07.24 *Tue
娘が入院していたとき
隣のベッドにいた2歳半の男の子が
今週末に退院できるというメールが昨日届いた
男の子はもう半年以上入院している
ママの気苦労、体の疲れ、等を考えたら
一日も早く退院してほしかった
だからとてもとてもとてもうれしくて
メールを見て泣いてしまった


自分たちよりもあとにきたのに、先に退院していく
子どもとママをたくさん見送ってきた親子
自分たちの先が見えなくても
「退院、おめでとう」って笑顔で言ってくれた
どれほどの親子にその言葉をかけてきたのだろう
いろいろな思いをかかえて


その数だけおめでとうが言いたいな
本当におめでとう
娘は昨日誕生日でたくさんのおめでとうを言ってもらったけど
その親子におめでとうを言えたことが
娘とわたしにとって大きなプレゼント


退院おめでとう
CATEGORY : 病気

御満悦

2007.07.23 *Mon
20070723204654
誕生日ケーキは旦那さんの従妹が手作りしてくれました
パティシェになるための専門学校に通っているから
おいしくて娘はご満悦です
なにしろ 娘の要望のアンパンマン!
予想以上のできばえに三人でかなり興奮です
やっと誕生日らしくなりました とさ
CATEGORY : むすめ

飛行

2007.07.23 *Mon
20070723161333
誕生日だろうがなんだろうが
朝から公園へいき
3歳のお友達に気に入られたのかなんなのか
「わたし、今日からこの子と暮らす!」と宣言され
昼ご飯をがっつり食べて
三時間昼寝をしてます
嗚呼…日常…
そして寝相は飛行中
娘よ どこへいく
CATEGORY : むすめ

贈答品

2007.07.23 *Mon
20070723160732
二歳のお祝いに ミニキッチンを贈りました
一歳のときに買ってあげたプラステンという積木のおもちゃや
一歳のときにいただいた 野菜と包丁とまな板がセットになったのおもちゃと
コラボレートさせながら 遊んでいます
娘、よい奥さんになれるかな
CATEGORY : むすめ

二歳

2007.07.23 *Mon
娘が今日で2歳になりました
父母も父母となり2年が経ちました
娘はどんどん成長し 旦那さんも社会人として伸び盛り
ママは・・・はて?


今日は家族3人でささやかなお祝いです
といってもなんらいつもと変わりない一日ですが
娘がいつもわたしたち夫婦のそばにいてくれることに感謝
2年間ありがとう
これからもよろしく
CATEGORY : むすめ

姉的

2007.07.22 *Sun
むすめにとっていとことなる
わたしの兄の子どもたちが遊びに来た
3歳の甥っ子と1歳になったばかりの姪っ子
娘は甥っ子と会話していた・・・
「これいる?」「いらん」とか
「これなぁに?」「あんぱんまん」とかそのくらいだけど
二人の成長を生まれたときから見てきたので
結構感慨深いモノがある
コミュニケートしてる・・・みたいな・・・
娘はわりと小さい子がすきで
ちょうど一歳くらい年下の姪っ子にやさしくしてあげていた
クッキーをわけてあげたり
泣いていたらよしよししてあげたり
おもちゃをどうぞととってあげたり
あねさんやねぇーと思った
やっぱり女の子って母性があるんでしょうか
娘がやたら姉的で、わたしに対しても気遣ったくれたり
手伝ってくれたりすることが多々あり
2歳くらいでもこんなに人のこと見てるんやなぁと驚く
娘みたいな気の利く女性になりたいなぁ
わたし、負けてる・・・
CATEGORY : むすめ

一段落

2007.07.21 *Sat
今日旦那さんの仕事が一段落したので
夕飯にラーメン食べに行って カラオケに一時間だけ行った
娘は楽しそうだった
でも旦那さんはもっと楽しそうだった
一時間全部旦那さんが歌ってたよ
よかったねー
帰って来たら 二人は爆睡した
ダイマンゾク!って感じで…
旦那さんと娘はほんとに似てる
顔も性格も生活の送り方も寝相もなにもかも
二人ともとっても幸せそう
よかったねー
楽しいとき心から楽しんで
泣きたいとき思いっきり泣いて
眠たくなってバタンと寝て
食べるときガツガツ食べて
二人で、THE!生きてます!!!みたいな…
そんな二人がうらやましい 寝付きの悪いママです
早く寝たい
CATEGORY : むすめ

歓喜

2007.07.20 *Fri
昨日晩ご飯にカレーを作っていたら
台所に娘がやってきて
下から鍋を見上げて
「カレー?」と聞いてきた
娘の目線から鍋の中は見えないから
おそらくにおいで察したのだと思う
「そうだよ」と答えると 娘は
「ぃやったーーーーーー!!!!!!!!」と
歓喜の声を上げて、ちょっと飛び跳ねて、どこかへ行った
はー・・・そんなかけ合いができるようになったのかーと思って
カレーを混ぜながらじーんときた
CATEGORY : むすめ

必需品

2007.07.18 *Wed
20070718223741
歌がすきな娘はいつもなにか口ずさんでます
テレビの歌のおねえさんに憧れていて
テレビと一緒に歌うとき マイクがわりに泡立て器を走って持ってきます
持ってきている間に歌が終わったりしてることも多々あり
顔には出さないけどそれが実は悔しいみたいで
とにかく走って 大急ぎで取りに行く姿がうけます
CATEGORY : むすめ

大女優

2007.07.18 *Wed
娘が朝から押入をゆびさして
「ピン子!ピン子!」と訴えていました
はて?ピン子?と思って見てみたら、
ピン子というは、「ピンク」の意味でした
押入の中のピンクの裁縫用具セットが気になって
出してくれ!という訴えでした
はじめて覚えた色が「ピンク」で
しかも「ピン子」
あまり間違いを訂正とかしないようにしてるんだけど
さすがに今日は「ピンね」と早めに訂正しました

CATEGORY : むすめ

笑顔

2007.07.16 *Mon
麻痺してる右半分は顔が少しも動かなかったのに
家に帰って来てから口元がだいぶん上がるようになってきた
頬にしわも寄るようになってきた
右頬にあったえくぼもうっすら浮かんで来た気がする
寝ていても閉まらなかった目もだいぶん閉まって来た
麻痺は少しずつ少しずつよくなってきているような気がする
リハビリ科にも通っているけど
やっぱりいっぱい笑顔で笑ったり、いっぱい思いきり泣いたりして
顔の筋肉を使いまくるのが一番にちがいない!
というのがわたしたち夫婦の素人な考えです
家に帰って来て たくさん一緒に遊んでます
入院してからわがままちゃんがまだ抜けない娘に
旦那さんはしっかり叱って 泣かしてます
顔の筋肉どんどん動けー
顔の神経どんどん再生しろー
娘!麻痺に負けるなー!
CATEGORY : むすめ

目前

2007.07.16 *Mon
娘の誕生日まで後一週間になりました
もう2歳です 早いものだなー
2歳まで育ててこられたことがうれしいです
今日は産まれて2ヶ月くらいの赤ちゃんを見ました
このころはこのころでかわいいのだけど
1歳の一年間はほんとにかわいかったです
歩いて
食べて
言葉を理解して
よく寝て
よく遊んで
しゃべりはじめて
ほんとにすごくどんどん成長します
目が離せなくなる、と言われていたけど
ほんとに目が離せません
とってもアクロバットな毎日です
ママも妊娠8ヶ月に入りました
気がついたら、妊娠「後期」になっていました
3人で過ごす 早くも最後の夏です
CATEGORY : むすめ

方言

2007.07.16 *Mon
2歳を目前にして娘はかなりしゃべるようになり
ほとんどこちらの言うことは理解しており
とても楽になりました
でも娘のしゃべりは 方言まるだしです
「ママ、ねんねしとんしゃー(している)」
「お兄ちゃん、車にのっとんしゃー(乗っている)」
「赤ちゃん、えんえんしとんしゃー(泣いている)」
と、とりあえず方言です
ちなみに ~しとんしゃーというのは
~してらっしゃるの、ものすごくくだけた尊敬語と
わたしは思っているのですが
娘は自分がしたことにも
「いま、ないないしとんしゃー」とか使っています
はたして正しい使い方でしょうか

ねえねえ、ママ、お茶ちょうだい
おふとんもってこよう
痛いよ、ふーふーして
とか言ってきます
娘の名を呼びかけると一回一回
「ん?」と応答します
話し出すとますますかわいいとはよく聞いていましたが
ほんとです
笑えます
CATEGORY : むすめ

友達

2007.07.13 *Fri
入院中 同室にいた親子と友達になった
2歳半の男のコとママ
男のコはものすごく重い病気
もう半年入院していた
見た目は元気そのもので 腕白でおちゃめで
病棟ではみんなにかわいがられている
ママはずーっとつきっきり
自分のことだけでもいっぱいいっぱいなはずなのに
入院してる子どもやまわりにすごく気を使って
ほんとに頭の下がる思いだった
二歳半、一番やんちゃな時期に 病棟で暮らす毎日
走り回って注意されて ママはほんとに気を張っている
まわりはわたしたちのように 短期入院ばかりで
入れかわり立ちかわり 出入りの激しい病棟で
どんなに気を使い 心を痛め 気を張っていることか
わたしの大変さなんか全然足元にも及ばない
退院のとき おめでとうと言ってくれたママ
今でもわたしを気遣って 無理してない?とメールをくれるママ
そしてたくさんの薬を飲み 採血をし 痛みと恐怖を乗り越え続ける男のコ
そんな親子に出会えたことがほんとにわたしにとって
どれほど今でも力をくれていることか
もっともっと自分は強くなりたい
本当にやさしくなりたい
CATEGORY : むすめ

投薬

2007.07.13 *Fri
薬を一日三回 食後に
娘は薬ぎらい
入院してから今もずっと飲ませるのが大変
逃げ惑い 隠れて 口を覆って
あの手この手で拒否!
ママ 疲労が増します
ストレス 大!
CATEGORY : むすめ

通院

2007.07.12 *Thu
退院以来はじめての通院
大学病院 受付から支払までざっと4時間…
やってくれますねぇ…
あまりにも待ち時間が長く どんなして暇つぶしていいか
さすがにネタぎれ
やっとこさ寝かしたら すぐ呼ばれたりして
ほんとにまぁ通院も大変です
また明後日も別の科に行くのです
はぁっ
でもねまだ娘は 乳幼児医療でタダなんで助かります
あんなに待って待ってお金たくさん取られたら
泣きたくなりますね…
CATEGORY : むすめ

生活

2007.07.08 *Sun
また普通の生活がはじまった
娘はだいぶん落ち着いて来て いつもの穏やかさを取り戻している
旦那さんは 今まで以上に娘にぞっこん
そしてわたしにも 今まで以上にやさしい
今まででも十分よきパパ でよき夫だったけど
家族で過ごすという当たり前の幸せをあらためて実感したという
それはわたしも同じ
疲れて帰って来た旦那さんのために すきなごはんを作って
部屋をきれいにして 涼しくして待っておく
毎日洗濯をして きれいな下着や着替えを用意しておく
届いた荷物を受け取って新聞を片付けて いろいろな連絡の電話を受ける
そして何よりも
娘をたっぷり遊ばせ たくさん食べさせ きちんと生活させて
おかえりと笑顔で走っていける心を育てる

なんでもないことばかりだが
なくては困ることなんだということを痛感
主婦は胸を張って生きられない気がしていたけど
そんなことない
家族の日常を支えるマネージメント
自信を持って 楽しんでいこう
当たり前の生活を生きられることをもっともっと感謝しよう
CATEGORY : むすめ

主治医

2007.07.07 *Sat
主治医の先生は若いが、とてもすてきな先生だった
説明や対処が丁寧で素早く わかりやすくこまやかで
人としてコミュニケーションもちゃんととれるし
いつ見ても真面目に仕事していた
お医者さんって結構いろいろなタイプがいて
頭よすぎて話が意味不明とか
コミュニケーション不能な人とか
全く患者の気持ちを考えずにものを言う人とか
明らかに謎な人とか
ちょっと こっちが気を使うという人が多いけど
娘がいた病棟はわりと 若くてもきちんとしていて
やさしくてすてきな先生が多かったと思う
主治医の先生は特にまじめでやさしくて
物言いがきちんとしていて 丁寧で
安心して娘を任せられたから よかった
ベッドに来てくれたら 娘もうれしそうだったし
わたしもうれしかった
安心できて なんでも話せた
若いお医者さんには休みという休みがないそうだ
それでもあんなに穏やかに、いつも変わらないやさしさで
娘やわたしに接してくれた先生
ほんとにありがたかった
今でも娘は先生にまた会えると思ってますが
外来では別の先生に変わるため もう会えません
退院はうれしいことだけど さびしいことも結構あります
大変だったけどほんとによい時間を送らせてもらいました
CATEGORY : むすめ

七夕

2007.07.06 *Fri
入院中 小児病棟特権の
お楽しみ会があった
しかも半月のうちに2回も!
すごいツイてる!
1回目は マクドナルドのドナルドが来てくれた
2回目は 七夕会
2回ともほんとに楽しかった
まさか七夕会の日まで入院してるとは思わなかったけど

娘は七夕会のおゆうぎにでました
その日のためにプレイルームで先生たちと毎日練習して
点滴をつけたまま ガンガン踊りまくり
日に日に上達する娘は それでみんなに覚えられて、かわいがられてました
急な退院やったのに
退院するとき 声をかけてもらったり 手紙をもらったりして
娘はなかなかアイドルみたいでした

七夕会の写真を見ると なんだか病院に戻りたくもなります
よい方にたくさん出会えて 勉強させてもらいました
娘もわたしも 少しオトナになりました
CATEGORY : むすめ

疲労

2007.07.06 *Fri
入院中 すごい神経を使ってたんだろう
娘とわたし 二人で一日中爆睡
朝も昼も夜も
普段の生活に戻るには
入院期間と同じ半月はかかるだろう
家に帰っても どうも怯えて泣いたり イラついたり
かと思えば やたらお利口さんやったり
間違いなく 娘なりに戸惑っています
わたしもなんか疲れがどっとでています
入院って大変やね
CATEGORY : むすめ

麻痺

2007.07.05 *Thu
退院まで2週間 
短く終わってよかったけど 退院後も心配はつきない
なぜかと言えば、全快で戻ってきたわけではないから
入院生活はたしかに不便なこともあったけれど
お医者さんや看護士さんが常にそばにいる、という
安心感があったし
夜突然発熱したり、発汗したり、ちょっと元気がなかったりしても
いつでも相談できるメリットがあった
わたしは今もうひとり
朝から娘の目が少し充血していたり
耳を触っていたり 体が少し熱かったり そういうことを
ひとつひとつ自分の中で不安に抱え込まなくてはいけないので
それが自分としては、心配です


娘は気がつかない内に重度の中耳炎にかかっていた
鼓膜の奥の骨の中にまで膿がたまっていたらしく
炎症もひどかったらしい
その炎症が顔面の神経を破壊して
娘の右側の顔は麻痺して 今でも動かない
入院中、耳の炎症を抑えるためずっと点滴をしていて
炎症はおさまったけど、麻痺は治まらないまま
長くて半年はかかり、1割の患者には麻痺が残るそう


どうしてこんなにひどくなるまで中耳炎に気がつかなかったか
普通そこまでひどくなると、高熱が何日も続いたり
明らかにおかしい状態で発覚するらしい
娘はなんなのか、発熱はあっても、そんなに何日もは続かなかったし、小児科にかかって耳も診てもらっていた
結局大学病院でした最初の血液検査でも
CTで撮影して診てみた炎症と検査で出た炎症の数値が
全く合わなかったらしい
血液検査では軽い炎症、くらいにしか数値は上がっておらず
お医者さんも本当に不思議、と何度も言っていた
そういうことが重なって、中耳炎がひどくなるとこまでひどくなり
顔面が麻痺することでやっと表沙汰になったのだった



娘の麻痺を治すため これから月に何度も
大学病院に通うことになります
小児科、耳鼻科、リハビリ科に通院します
まだまだつらいことも多いだろうから、息は抜けないけど
完治を信じて 日々を楽しく暮らすのみです

CATEGORY : 病気

退院

2007.07.04 *Wed
いきなり昼過ぎに先生が話したいと言うので
話にいったら、いきなり今日退院と言われた
え???!!!
心の準備も荷物の整理もなにもかも全く手配してないんですが…
突然野放しにされても、母子は路頭に迷いますから!
ママ 帰宅用の服も靴下もありませんから!
パパの車もそんな突然迎えに来れませんから!
入院費の支払い 突然行けませんから!
荷物 たまりにたまって激多ですから!

そんな 勝手なぁ…

でも母はがんばりました
なにもかも娘を抱っこしたりなだめたりしながら
てきぱき片付けました
一番がんばってきたのは娘だから
その姿を見続けて来たママがへたれてり場合やないのです

ママ 靴下なしのスニーカーで
ハーパンでポロシャツで
かなりスポーティに退院してきましたから!

退院 おめでとう
おつかれさまでした
CATEGORY : 病気

検査

2007.07.02 *Mon
朝一番の検査の結果で
娘はあともう一息というとこまできました
今週中には退院できるかもしれません
寝付きはいいけど眠りの浅い娘は
別の子が泣いてる声や
点滴を見に来た看護士の足音や
添い寝しているママがおきあがっただけで
目を覚ますビクビク人間です
痛い検査や処置をたくさん乗り越えてきました
見知らぬ環境にがんばって適応してきてくれました
娘だけでなく、病院にいる子どもたちはみんなえらい!
みんな早く元気になりますように
CATEGORY : 病気

文月

2007.07.01 *Sun
6月半ばに入院し 気がついたら7月に入ってしまった!
まさかこんなに長く入院するとはおもわなかったので
ブログにはこうして入院のことを書いて来たけど
わざわざ心配かけるのもね と思って
当初義母にしか連絡しなかった

でも不思議なことに 頼りにしている知り合いや友人が
なんとはなしに 何か月ぶりかにメールをくれる
元気ですかー?会いませんかー?と…
これが 虫の知らせというやつなのかな
偶然なのかなー
いや、ほんとに世の中は不思議
うまくまわってるものだ

それとは別に
ブログを見てメールをくれたり 連絡してくれたり
わざわざお見舞いにきてくれたりする方もいて
一日中一人で娘にぴったり付き添って
お医者さんの話を一生懸命聞いて
病院内の人間関係に翻弄されて
心細さや不安に気がつかないようにしてるけど
一応ストレスたまってるようなそんなわたしにとって
たくさんの温情が染み入ります
娘はいまだ右の顔面神経が麻痺したままですが
このまま退院すると思います
変わらず かわいがってもらえればありがたいです
CATEGORY : 病気

成長

2007.07.01 *Sun
入院してるとすることがないからか
たくさんのオトナに囲まれて たくさん話し掛けられるからか
いきなり娘は語彙をぐんと増やし
おしゃべり上手になりました
昨日 ベッド上でお財布をいたずらしていた娘に
「大事大事やけん、もうないないしてね」
と一度声をかけて 旦那さんとしゃべっていたら いきなり
「ママー見て 見てー ちゃんとないないしようよー」
と娘から言われたのだ
娘はこっちも見ずにしれーっとそういって片付けていた
かーなーり 驚いて 旦那さんと目を合わせた

話かけられた…娘に…
驚愕…

たくさんの人と触れ合って やさしくされて
かわいがられて 話かけられるというのは
やはり大切なんだな~
日に日にたくましくなる娘を尊敬しています
退院までもう少し!(希望的推測)
ママはがんばるのみ!
CATEGORY : むすめ
07
3
9
10
11
14
15
17
19
25
26
27
28
29
31



プロフィール

ミホ(32)

Author:ミホ(32)
family:夫(32)
     娘(6y)
     息子(4y)
       妹(1y/3m)
  
 毎日、あれこれしながら
 夫の帰宅を待ちます

 子どももあっというまに
 3人になりました

 当たり前にやってくる明日と
 恵まれた3つの命に
 心から感謝をこめて過ごす毎日です 
 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



Thank you for your visit!



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



子育てオススメグッズ



Copyright © hotmama All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。