スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟考

2009.04.02 *Thu
子育てが孤独に陥らない仕組みを考え中

二人目の育児が楽に感じるのは
慣れや経験もあるだろうが
それ以上に
上の子がそばにいて
育児を共有してる感覚があるからではないか

赤ちゃんのうんちはみ出てるのを一緒に笑ったり
上手になにかできるのを一緒に褒めたり

気心知れた「同僚」がいるから
育児生活が「職場」的社会生活になり
なんだか 気楽になり
もちろん 頭数が増えて大変さもあるが
それ以上に わたしはおもしろさや 心強さを感じている

心配や不安も娘が「大丈夫よ」とか言ってくれたら
なんだかやりぬけられる
気持ちが二手にいくことで うまく分散し
余計な心配も減るし

言わば 息子は 娘と二人で育ててます
という感じだ
だからか 息子にはほとんど手がかからない
気がする


だとしたら やはり 子育てがつまづく要因は
孤独
ではないか


怒鳴る自分を止められない感覚は
わたしもたまにある
そんなときはたいてい
夫の手助けを頼めず、一人で抱えこんでるときだ


一人じゃ「大変」と感じることも
そこにもうひとり 誰かがいたら
笑えたり 助け合えたり 相手のせいにしたり(笑)
いい意味で自分を責めずに済む


だから考える

子育てが孤独に陥らない方法
仕組み
アイデア


自分がそのためにできることを


世の母親が 救われる社会にしたい
それはひいては
世のこどもたちが 救われる社会につながるのだ


固い顔で立ちすくむ 男の子に
手をパシッとはたかれた
それでも なんども手を伸ばす
心の扉は外側からは開かない
内側の鍵が開けられるのを
辛抱強く 信じて待つだけだ
スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31



プロフィール

ミホ(32)

Author:ミホ(32)
family:夫(32)
     娘(6y)
     息子(4y)
       妹(1y/3m)
  
 毎日、あれこれしながら
 夫の帰宅を待ちます

 子どももあっというまに
 3人になりました

 当たり前にやってくる明日と
 恵まれた3つの命に
 心から感謝をこめて過ごす毎日です 
 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



Thank you for your visit!



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



子育てオススメグッズ



Copyright © hotmama All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。